銀行や日本政策金融公庫の審査では他金融機関の動きを・・・

金融機関は、融資の審査を行う際に、銀行、日本政策金融公庫にかかわらず、一つの融資先に関して、その融資先が取引ある他の金融機関の動きを非常に気にします。

審査の過程で、他で最近貸したのはいつか、他で貸したのが急に減ったりしてないか、減った場合は、その金融期間が回収に動いてないか、等々です。

なんせ、他の金融期間からの融資の方針が変わってしまうと、そのシワ寄せは自行にくるからです。

回収に動かないまでも、他の金融機関の融資のスタンスが消極的になってしまったら、自行が支援しないと倒産してしまう場合もあります。

金融機関はよっぽど財務状況が優良でない限り、自行の融資額のシェアが突出することを嫌うのです。

なので、日本政策金融公庫および銀行は、取り引き金融機関の融資残高状況を定期的に報告させようとするのです。

もし複数の金融機関とお付き合いしていて、一つの金融機関だけの融資残高が減ってきたりしたら、理由をいつでも述べれるようにしましょう。

「〇○銀行は金利が高いので一括返済しました」とか「一時的な資金需要があったので○○銀行からの一時的な融資を受けたまでで、その必要がなくなったから一括返済しました」とかの理由ですね。

銀行や日本政策金融公庫からの融資について「ちょっとしたことが聞きたい」という場合は以下からお問合せください。

 ” 銀行や日本政策金融公庫の審査では他金融機関の動きを・・・
 ” 銀行や日本政策金融公庫の審査では他金融機関の動きを・・・電話相談
日本政策金融公庫全国対応融資サポートセンターへの電話相談
時間外融資相談
メールフォームで日本政策金融公庫融資相談
 ” 銀行や日本政策金融公庫の審査では他金融機関の動きを・・・