日本政策金融公庫の審査で有利になるためのアピールとは

審査の結果、融資を引き出す時には、自社の強みをアピールしないといけません。
特に、決算内容が悪くて融資を受けれるかどうか危ないと思うような時には非常に重要なことです。

日本政策金融公庫および銀行は出来るものなら貸したいと思っているのですからそれを忘れないでください。
融資の審査で落としたいわけではありません。日本政策金融公庫や銀行のスタッフはそれが仕事ですから。

では、強みとはどんなものがあるでしょうか。

一番強力なのは、販売促進する力、言い換えれば広告力、あるいは集客力が強いということでしょう。

「インターネットでの集客、特にホームページで検索順位をどう上位、特に10位以内にランクインさせて問合せ数を増やすかに強い」とか「フェイスブックとツイッターでどういう文面を書けば反応率が良くなって、それで問合せがある」といったことを具体的な数字に落とすことが出来るというのが一番日本政策金融公庫や銀行の人の興味をひくものです。

インターネット集客に限ったことではありません。
アナログ的なやり方、たとえば、個人住宅一戸一戸にポスティングするといったことが得意で、普通なら1000件ポスティングしたら3件くらいしか電話がかかってこないのに、自分であれば30件かかってくる、とかいったことも十分アピール材料になります。
駅前のチラシ配りでもOK。フリーペーパーへの広告掲載でもOKです。

あるいは・・・

新聞社に知り合いが居て、記事にしてもらえるとか、テレビ局やラジオ局に人脈があって、定期的にテレビやラジオに無料で出演させてもらえるとかでもかなりのアピールになります。

日本政策金融公庫の融資に関するお問合せは以下からどうぞ

 ” 日本政策金融公庫の審査で有利になるためのアピールとは
 ” 日本政策金融公庫の審査で有利になるためのアピールとは電話相談
日本政策金融公庫全国対応融資サポートセンターへの電話相談
時間外融資相談
メールフォームで日本政策金融公庫融資相談
 ” 日本政策金融公庫の審査で有利になるためのアピールとは