資金調達に困らない体質改善を

「資金調達に困らない体質改善を」というテーマでご説明いたします。

よく資金調達のことをお話していると融資や国金(日本政策金融公庫)などから調達したお金は

「打ちでの小槌」のような錯覚を起こしてしまう経営者さんがいます。

人間誰しも現金やお金を手にすると少し変わってしまったり、飲食店などでは給料日の20日頃か、

月末給料日や振込日なら月末あたりがビジネスマンがぱーっと使ってくれる日という認識は

もっているかと思います。

当たり前のことですが給料などはいいですけれども、融資はあくまで後で返還しないといけない資金です。

資金の返済計画に沿って、一定の融通があるものの最後は利子をつけて返すためのお金です。

融資を受けた際には返済計画があると思います、その返済計画には事業計画があったり、当面の営業や

利益計画を参照してあるかと思います、しっかりとその計画に沿って実行していき計画自体を

「絵に描いた餅」にしないための経営者の経営努力が必要になってくるのです。

誰よりも努力を行い、そして返却を行えば信用が付くのでなお大きな融資を受ける可能性も高まるでしょうし、

会社の力もしっかりついて筋肉質の経営ができるようになっているでしょう。

京セラの稲盛さんは「財務体質を改善し、経常利益は10%を目標に、筋肉質の経営を行うべきである」

と著書などや講演でも話されてます。正にそのとおりだと思います。

借りるところが日本政策金融公庫(国金)、銀行とかどこであるかに限らず、資金調達に困らない体質改善を行っていくべきですし、

その具体的な内容などは、ご相談ください。

 ” 資金調達に困らない体質改善を
 ” 資金調達に困らない体質改善を電話相談
日本政策金融公庫全国対応融資サポートセンターへの電話相談
時間外融資相談
メールフォームで日本政策金融公庫融資相談
 ” 資金調達に困らない体質改善を