運転資金の種類と借入の時期等について

運転資金にはいくつかの種類があります、そして資金繰りで最も重要なのは

この運転資金を確保することで、その性質によって区別することができます。

まず、運転資金は経常的運転資金と臨時的運転資金に分けることができます。

 

経常的運転資金は、会社が営業活動を継続していくために

通常必要とされる運転資金のことです。

そして、この経常的運転資金には、

経常運転資金と増加運転資金という二つがあります。

増加運転資金は、売上高の増加や、

取引条件の変化などによって必要となる資金のことです。

 

通常、運転資金と聞くと、この経常的運転資金の中にある経常運転資金、

増加運転資金の二つをイメージすることが多いです。

 

反対に臨時的運転資金についてご紹介します。

臨時的運転資金は一時的に発生する必要資金です。

その中には4つ、一つ目は、決算資金。二つ目は、賞与資金。

三つ目は季節資金。そして、4つ目はその他になります。

 

税金の支払いや、賞与の支払いなどによって、

決算資金や賞与資金が必要になることもありますし、

季節資金は、季節による臨時支払いなどです。

 

その他というのは手形の回収のための資金であったり、

突然必要になってしまった借入などがあります。

 

通常、臨時的運転資金に関しては、その必要性に応じて、借りる必要がありますが、

経常的運転資金については、ある程度の目処を立てることができます。

 

そのため、利益計画であったり借入の目的などを明確にしながら

事業計画を立てることが必要です。

 

そういった運転資金のご相談についても、ご相談下さい。

 

 ” 運転資金の種類と借入の時期等について
 ” 運転資金の種類と借入の時期等について電話相談
日本政策金融公庫全国対応融資サポートセンターへの電話相談
時間外融資相談
メールフォームで日本政策金融公庫融資相談
 ” 運転資金の種類と借入の時期等について