日本政策金融公庫の融資の審査は

日本政策金融公庫における融資の審査方法についてですが昨今の市況の変化によって多く変化してきました。

少し前については、日本政策金融公庫の融資の基準は保証人や担保を結構重視する審査でした。

ただ最近では、創業時の融資等は別として、現在は決算書が中心の審査に変化してきております。

 

日本政策金融公庫が最も重要として判断する基準自体がするのは「企業の決算書」となってきています。

繰り返しますが大事なことは決算書です。

決算書の作成が上手でないために、日本政策金融公庫から融資が受けられなくなってしまったケースもよく聞きます。

税理士によっても強い分野は様々ですが、日本政策金融公庫の融資の審査方法は複雑で、融資の全般を苦手にしている税理士も多いです。

その結果、企業が税理士を替えた理由として「日本政策金融公庫にすら、融資相談にのってくれなかった」というものも多くなっているようです。

 中小企業の場合、ほとんどは税理士が決算書を作成していますが、税理士によっては「融資や日本政策金融公庫は苦手です」

という場合もあり、そうなれば事業の発展にも支障が出ます、

それだけ融資における税理士の役割が重要になってきています。

 

当事務所は御社と日本政策金融公庫との円滑な取引をサポートいたします。

 

 ” 日本政策金融公庫の融資の審査は
 ” 日本政策金融公庫の融資の審査は電話相談
日本政策金融公庫全国対応融資サポートセンターへの電話相談
時間外融資相談
メールフォームで日本政策金融公庫融資相談
 ” 日本政策金融公庫の融資の審査は