日本政策金融公庫の事業計画書は現実的な数字で!

経営計画書(事業計画書)あるいは経営改善計画書といった計画書を

作成するときは、日本政策金融公庫から「今後の計画書を提出しろ」と言われて

作る会社が多いかと思います。

 

私もそういうお手伝いをしていますが、ものすごい計画を立てる人いますよね。

毎年売上が10%近く減少し続けているのに、翌期からは20%以上増加し続ける、

あるいはもっとすごいのになるといきなり2倍に増えてしまう計画書を何度も見てきました。

 

そしてその理由を尋ねると「A社はもっと営業すれば今の倍は仕事が来るはずだ」、

「B社は今取引ないけど、昔は毎月○○円仕事来ていたから連絡すればそれぐらい

仕事もらえるよ」と言った内容の話しで、私どもが「それは無理でしょう」と否定しても、

「絶対大丈夫だから」と自信を持って言い続ける。

 

でも1年後、結果を見ると当然ながらそうはなっていない。

今までどおり売上は減少し続けていることが多いです。

 

今はリスケジュールもしてもらいやすい環境です。

日本政策金融公庫に提出する経営改善計画書の数字を以前ほど細かくは指摘されないことも多いですが、

上記のようなあまりにも現実離れした数字は作らないほうがいいでしょう。

 

特に最近、日本政策金融公庫(=こっきん)においては、

「以前の融資申込の際に出した計画がどこまで達成しているか」を

まずチェックしてから追加融資を検討する、という担当者が増えてきましたからね~ 

 

作成の仕方がわからないときは、お付き合いしている士業やコンサルタントの

アドバイスをもらいながら行いましょう。


 ” 日本政策金融公庫の事業計画書は現実的な数字で!
 ” 日本政策金融公庫の事業計画書は現実的な数字で!電話相談
日本政策金融公庫全国対応融資サポートセンターへの電話相談
時間外融資相談
メールフォームで日本政策金融公庫融資相談
 ” 日本政策金融公庫の事業計画書は現実的な数字で!