資金使途の説明は

今日は、貸し付けた資金の使途の説明についてです。

銀行は、あまりうるさく言わないところもありますが、政府系金融機関(日本政策金融公庫、

信用保証協会等)の場合は、貸し付けた資金を決められた目的以外に使うことを嫌います。

これは、特別貸付のように使途ごとに金利が違う場合はもちろん、

常時行っている普通貸付においても同様です。

例えば、日本政策金融公庫(以下、公庫)の融資相談では必ず、

「そのお金を何に使うのですか?」と質問してきます。

 

担当者は長年の経験から、資金使途を聞くことにより、

次の3つことが明確になることを知っているからです。

 

1.なぜ、お金が必要になったか。(原因をさぐる) 事業の過去、現在の資金繰りの実体が把握できる。

2.どこへ支払うのか(実行を確認する) 支払先の資金ルートが追及できる。

3.どんな効果があるか(結果を予測する) 予定通りの効果があれば、貸したお金は確実に返ってくる。

 

この事から、資金の使途をしつこく聞くのですが、

中小企業の経営者が融資の担当者に説明しにくいのは『運転資金の使途=目的』です。


経営の本や経営講習会での運転資金の説明では、

「運転資金とは売掛金と在庫を足したものから買掛金を引いたもの」となっています。

 

皆さんは、この説明で納得できますでしょうか?

売掛金と言ってもモノを売った後のことであり(売る以上は仕入れる)、

また、在庫もある(当然、売るために仕入れた)、それらは全額でないものの支払っている。

にもかかわらず仕入先への支払いがある。ちゃんとお金のやり繰りはできていたはずですが。

資金不足になった原因は、短期的な原因と長期的な原因に分けられます。

前述の「売上げが減少した」ということも、あるときだけ急に減ったのか、

それとも徐々にお客が少なくなってきたのかでは原因が異なります。


つまり、一時的なものか、それとも長期にわたり継続するかでは、

その対処法(借入れ方法)も違ってきます。まず、長期的原因を見てみましょう。

 

融資や借り入れに関することは、非常に手間も時間も必要です。

多くの税理士さんは、このお仕事を嫌がるのが実情です。

もし今の顧問税理士さんが相談に乗ってくれないなどの

お悩みが御座いましたら、お気軽にご相談下さい。

 

 

 ” 資金使途の説明は
 ” 資金使途の説明は電話相談
日本政策金融公庫全国対応融資サポートセンターへの電話相談
時間外融資相談
メールフォームで日本政策金融公庫融資相談
 ” 資金使途の説明は