制度融資の活用について

創業される方に是非ご検討いただきたい融資(借入)方法として、

信用保証協会の融資制度の活用があります。

信用保証協会とは、中小企業が銀行からお金を借りるときに

保証人になってくれる公的機関です。都道府県ごとに設置されています。

一定の保証料を払う必要はありますが、保証を受けることができれば、

銀行から低金利でかつ長期の融資をうけることができます。

保証料率は会社の信用に応じて設定されています。

 

信用保証協会を利用した融資制度のなかでも、地方公共団体による制度融資は、

魅力的な制度です。

制度融資とは、都道府県、市区町村が信用保証協会の保証にさらに利子補給等を加えて、

中小企業を支援する融資制度です。

お金の借入が出来るのは普通の金融機関からです。そこは普通の融資と変わりません。

違うのは、信用保証協会が保証をしてくれるのと、さらに自治体が斡旋や利子補給をしてくれる点です。

制度融資には、さまざまな融資制度がありますが、そのなかには、創業者に融資をしてくれる

『創業融資』があります。

 

制度融資は、自治体によって内容が異なるのですが、自治体によっては、

利子補給や保証料の補助をしてくれる場合もあります。大変に好条件の融資制度です。

ただ、借入をされるおおくのかたがおっしゃることですが、いろんなところで話を聞いて

いかないとどうやれば借りれるのかなかなか見えてこないという難点もあります。

なぜかといいますと、実際に融資をしてくれるのは金融機関なのですが、

自治体の役割とか制度が自治体によって異なるので、どうしても、

初めての方には手続きがわかりづらくなってしまうのです。

相手方に、金融機関のほかに信用保証協会と地方自治体の2者がいるので、

それが、手続きがわかりづらくなっている理由のひとつだと思います。

手続きが煩雑である分、融資がおりるまでの期間が比較的長いというデメリットもあります。

 

制度融資の活用について、お気軽にご相談下さい

 ” 制度融資の活用について
 ” 制度融資の活用について電話相談
日本政策金融公庫全国対応融資サポートセンターへの電話相談
時間外融資相談
メールフォームで日本政策金融公庫融資相談
 ” 制度融資の活用について