証書貸付の融資とは?

 

 銀行融資の種類をご紹介致します。

①証書貸付

証書貸付とは、融資条件(融資金額、返済方法、利率等)を記載した

金銭消費貸借契約証書という書類を差し入れた上で行われる融資を証書貸付といいます。

証書貸付は1年超の借入金で利用され、設備資金や長期運転資金に利用されます。

証書貸付の契約は通称は「しょうがし」と言われていて「金銭消費貸借契約証書」(通称:きんしょう)をもって契約するものです。

「きんしょう」には、融資の金額と返済期間と金利などを記載しています。

(連帯保証人がある場合はその署名・捺印も)

契約書という「証書」を交わして事業資金を借り入れるために「証書貸付」という名称になります。

 証書貸付の返済のしかたは、通常は、毎月同じ元金を返済していく「元金均等返済」になります。元金が徐々に減っていくわけですから、当然、支払利息額も徐々に少なくなっていきます。

 事業資金の融資で「元利均等返済」になることは滅多にありません。
「元利均等返済」とは、毎月の返済額(元金+利息)が一定になる返済方式ですがこれは、住宅ローンなど個人ローンで用いられる手法です。 

証書貸付は長期(1年以上のこと)の運転資金や設備資金の融資の融資に使われます。

長期的運転資金は「売掛金+受取手形+棚卸資産ー買掛金ー支払手形」という式で数字が出てきて(金融機関の中では経常運転資金と言いますが)。

これは慢性的に資金が必要なので、「では長期で運転資金を貸そうか」ということになります。この資金が常にあると資金繰りを安定するだろう、という考え方です。

設備資金では、減価償却期間に合わせて返済期間を決定されがちという特徴があります。

 

②手形貸付

手形貸付とは、借入側(企業)が借入証書の代わりに約束手形を銀行に振り出し

借入をする方法を手形貸付といいます。

手形貸付は1年以内の借入金で利用され、運転資金に用いられます。

③手形割引

手形割引とは、商取引によって受け取った手形を手形の支払期日前に

割引料を差し引いて、銀行等に買い取ってもらう方法です。

④当座貸越

当座貸越とは、融資限度額を設定し、その決められた限度額まで自由に融資を受けたり、

返済できる方法を当座貸越といいます。

証書貸付や手形貸付だと毎月何日に返済すると決まっていますが、

当座貸越の場合はそれがありません。

限度額内でしたら借りたままにすることも出来てしまうので、

審査が難しい融資になると思われます。

融資先で利用しているほとんどの会社は限度額近くまで借りたままのような状態です。

 ” 証書貸付の融資とは?
 ” 証書貸付の融資とは?電話相談
日本政策金融公庫全国対応融資サポートセンターへの電話相談
時間外融資相談
メールフォームで日本政策金融公庫融資相談
 ” 証書貸付の融資とは?