風評被害「緊急融資」~東日本大震災の間接被害~

東日本大震災の災害からの復旧を目指して、政府が融資の支援策を打ち出しています。

 

以前にも述べましたが、間接的な被害(計画停電や風評被害など)

を受け、業績が悪化している場合も、特別融資の対象になります。

「飲食店を営業しています。計画停電の影響で、売上が落ちてしまいました。

運転資金を工面したいのですが・・・」

 

このように、地震による直接的な被害はないが、地震の影響で業績が

悪化している会社は多いですね。

 

計画停電の影響や風評被害により経営環境が悪化している企業が

対象の融資制度です。

 

この地震により、先日紹介した日本政策金融公庫の

「セーフティネット貸付」が拡充されました。

 

融資限度額 4,800万円

返済期間 運転資金8年以内 設備資金15年以内(据置期間はそれぞれ3年以内)

金利 運転資金2.25~3.20% 設備資金2.25~3.40%

※一定の要件に該当する場合は、融資後3年間は

 基準利率から最大で0.5%金利の引き下げ措置があります。

「製造業を営んでいます。工場などに直接被害はありませんが、

販売先が被害を受け、売掛金の回収の目途が立ちません・・・。」

 

販売先や仕入先が、直接被害を受けたことが原因で、売上の減少、

売掛金の固定化など、間接的に被害を受けた場合に、活用できる制度です。

(もちろん、直接被害を受けた場合も活用できます)

 

貸付期間 設備資金15年 運転資金8年(金利の据置期間は3年)です。


認めてもらうための方法は個々のケースによってまったく違ってきます。

ケースバイケースですので、当事務所にご相談ください。

 ” 風評被害「緊急融資」~東日本大震災の間接被害~
 ” 風評被害「緊急融資」~東日本大震災の間接被害~電話相談
日本政策金融公庫全国対応融資サポートセンターへの電話相談
時間外融資相談
メールフォームで日本政策金融公庫融資相談
 ” 風評被害「緊急融資」~東日本大震災の間接被害~