飲食業の現金の管理

 「飲食店の現金の管理」について。

当り前のことですが、飲食店の場合、現金出納帳を毎日正しく記載することで、レジや金庫のお金を明確に管理し、かつ現金有高帳と合っていることが必要になります。

現金管理は日々記録することで実際の現金有高と照合することで明確になって価値が高まります。

日々の正確な努力が必要になってくる現金管理の仕事は、非常に大事です。

税務調査では、飲食店や小売り業界では現金調査と昨日の営業日報の照合を確認するために抜き打ち的に行われることがあります。

そしてその場合に、現金と帳簿があっていればそれだけで税務調査が終わってしまうことがあります。

というのは、現金を調べた結果、正しく記録されていることがわかれば、売上を抜いてるかも、ということは考えづらく、原価の額も架空仕入れは原価率(売上に対する原価の割合)から推測できるので、後は経費程度しか調査できないからです。

結局「現金管理」は、対税務署を考えても、経営管理を考えても重要ということですね。

さらに・・・

きっちりやっていれば、いざというときの融資を受ける際にも良い影響が出ます。

一度ご相談ください。

 

 ” 飲食業の現金の管理
 ” 飲食業の現金の管理電話相談
日本政策金融公庫全国対応融資サポートセンターへの電話相談
時間外融資相談
メールフォームで日本政策金融公庫融資相談
 ” 飲食業の現金の管理